オープンソース・ソフト Drupal を使った Web サイトの構築・サポート・研修

統計データとショーケース


統計データ

月ごとに見た各 CMS の使用率とその変動

CMS 比較ページ

ここでは、各月 1 日のシェアを約1年分並べた表がページの上半分です。下半分は表の上位項目をグラフにしたものです。WordPress の人気と普及ピッチがよくわかります。興味深いのは、CMS を使用していない Web サイトがまだ 5 割以上あること、そしてその割合が確実に少しずつ減っていることでしょう。

http://w3techs.com/technologies/history_overview/content_management/all

サイトのランキングで見た CMS 使用率

trends.builtwith.com の CMS 比較ページ

ランキング上位 100 万サイト、10 万サイト、1 万サイトという単位でシェアを分析したグラフが並んだページです。上位に絞り込むほど Drupal の比率が上がっていくことがわかります。ページのいちばん下には、ある CMS から別の CMS に移行した比率が表されています。

http://trends.builtwith.com/cms


導入事例集

Drupal を採用している各国政府地方公共団体のリスト

List of Drupal sites in government

Drupal は世界各国で、特に官公庁や企業などの組織において盛んに利用されています。代表的なサイトとしてよく挙げられるのは米ホワイトハウスです。公共団体のサイト数で見れば、米国は Drupal がいちばん普及している国でしょう。Acquia 社によると(米国内)政府公共団体の約 4 分の 1(24 パーセント)が Drupal を採用しているそうです。そのほかにも、カナダ、イギリス、オランダ、ベルギー、フランス、ロシア、インド、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、ベネズエラ、ブラジル、ペルーなどの公的機関の間で特に広く普及しています。

以下、各国の Drupal 採用機関のリストがひとつにまとめられています。ページがとても長いので(特にモバイル デバイスの場合は)ご注意ください。

http://groups.drupal.org/government-sites

Drupal Case Studies

Drupal Case Studies

Drupal の「本家」www.drupal.org に属する事例紹介サイト。Drupal を採用した理由をはじめ、特定のモジュールを導入した過程などを詳しく紹介している例もあります。

https://www.drupal.org/case-studies

ショーケース サイト

検索サイトで“drupal showcase”と入力すると、Drupal で稼働しているサイトをまとめて紹介しているサイトがいくつも見つかります。ここでは、そのうちの 1 つだけ、ご紹介します。

Drupalshowcase

Drupalshowcase

Acquia 社が運営するショーケース サイト。“Industries”セクション内の項目をクリックすると、その業界の Drupal サイトがリスト表示されます。Acquia 社は Drupal の生みの親 Dries Buy-taert 氏が数人の仲間と設立した会社で、クラウドを利用した Drupal のホスティング サービスなどを行っています。

http://www.drupalshowcase.com/