オープンソース・ソフト Drupal を使った Web サイトの構築・サポート・研修

Acquia、ガートナー 2019 年 マジック クオドラント Web コンテンツ管理部門でリーダーに

Acquia は 6 年連続で ガートナー社のマジック クオドラント(魔法の4分割図)Web コンテンツ管理部門におけるリーダーとして認定された。Acquia が Web コンテンツ管理のマジック クオドラントに初めて入ったのは 2012 年で、先見者(Visionary)としてのポジションだった。それ以来、僕たちは他のあらゆるベンダーよりも大きく移動し、リーダーの位置を固めた。

以前にも書いたが、ガートナー マジック クオドラントのようなアナリスト レポートは組織(企業)に Acquia と Drupal を紹介してくれるので重要だ。こうも書いた。「いいコーヒー店を見つけたいときは Yelp を使うし、すてきなホテルを見つけたいときは TripAdvisor を使うものだ。それと同じで、CIO(最高情報責任者)や CMO(最高マーケティング責任者)が企業向けソフトに $250,000(約 2,650 万円)使いたいというとき、彼らはよくガートナーのようなアナリスト企業に相談するものだ」。

2012 年、ガートナーはオープンソースとクラウドの両方を掲げる唯一の Web コンテンツ管理企業としての Acquia の利点を完全には理解していなかった。それからたったの 7 年後には、僕たちのユニークなアプローチは Web コンテンツ管理を恒久的に変えてしまったのだ。今年、Acquia はガートナーがベンダーのランク付けに使う 2 つの座標軸の両方で再び上昇した。その軸とは「先見性の完全度」と「実行能力」だ。マジック クオドラントの図を見ると、Acquia が初めて Sitecore と肩を並べたのがわかるだろう。

The 2018 Gartner Magic Quadrant for Web Content Management
Acquia、2019 年のガートナー マジック クオドラント Web コンテンツ管理部門で Adobe、Sitecore、Episerver と並んでリーダーに認定される。

Web コンテンツ管理のような成熟した市場では、ほとんど常に商用リーダーが 1 社とオープンソース リーダーが 1 社いる。それは Oracle と MongoDB であり、Splunk と Elastic であり、VMWare と Docker であり、GitLab と GitHub であるといった具合だ。そんなわけで僕は、来年、WCM マジック クオドラントの頂点にいるのは Acquia と Adobe だろうと信じている。Sitecore と Episerver は Microsoft を中心としたアプローチをとる企業同士で第 3 位をめぐって戦い続けることになるだろう。僕としては今年、Sitecore がもっと下位に落ちたとしても驚かなかっただろう。というのも、彼らは技術的な「製品負債」とクラウド移行を乗り越えようとしていて、それが元で、サービス会社を買収するなど奇妙な決定を下すような状況が生じているからだ。

(ガートナーの)レポート全文は Acquia.com で入手できる。今回の結果に貢献してくれたすべての人々に、ありがとう!