オープンソース・ソフト Drupal を使った Web サイトの構築・サポート・研修

デカップル型 Drupal 実践者のための本

デカップル型 Drupal に関するプレストン ソーの新しい本が、Drupal のリーチを拡大し、デカップル型アーキテクチャーで構築する開発者たちの間での信頼性を高めることになる理由。

The cover of the Decoupled Drupal book

Drupal は長い歴史をたどるなかで著しい進化を遂げた。18 年前、僕が最初に Drupal プロジェクトを立ち上げたとき、それは暇なときに作った、友人たちのためのメッセージ ボード(BBS)だった。今日では、インターネット上にある Web サイトすべてのうち 2% が Drupal で動き、数十万人に及ぶ世界中の人々を擁するオープンソース コミュニティに支持されている。

現在、Drupal は、その性能と応用性が従来の Web サイトを超えて拡大を続けるなかで新たな変遷を経験しつつある。Drupal は、今や、大学のキャンパスにあるデジタル サイネージ、民間旅客機の機内エンターテインメント システム、クルーズ船上のインタラクティブなキオスクを動かし、ニューヨーク市地下鉄システムのカウントダウン時計にライブで更新情報をプッシュ送信さえしている。それだけではない。ますます多くのデジタル エクスペリエンスが、仮想現実拡張現実チャットボット音声駆動型インターフェイス、IoT アプリケーションを導入し始めている。これらすべてが Drupal にとってすばらしいことだ。というのも、Drupal にとって市場での機会と長期的な妥当性を拡大することになるからだ。

数年前、僕は Drupal における API ファースト アプローチの重要性を強調し始めた。それは、当時まだ新しかったデカップル型 Drupal という現象の一部だった。今や、Drupal 開発者たちは、JSON APIGraphQLCouchDB に頼ることができる。それに加えて、上述のデカップル型アプリケーションを開発するための周辺ツールも幅広くそろっている。これらのデカップル型 Drupal の進歩は Drupal の歴史において特筆すべきポイントになっている。

A few examples of organizations that use decoupled Drupal.

Drupal の歴史における重要な出来事として思い出されるのは、Drupal に関する本が 2005 年に初めて出版されたときのことだ。当時、Drupal について良質な情報を見つけるのは難しかった。最初の Drupal 書籍は、開発者たちに Drupal プロジェクトへのアクセスを広め、市場におけるリーチと信頼性の両方を与えてくれた。それと同じように、今日、デカップル型 Drupal はまだ比較的、目新しいものだ。この題材で最新情報を収めた書物を見つけるのは難しいかもしれない。実際、Drupal がデカップル型アーキテクチャーをサポートしていることさえ知らない人もたくさんいる。だからこそ、僕はプレストン ソー著「デカップル型 Drupal の実践(Decoupled Drupal in Practice)」が近日、出版されることにワクワクしている。この本は、デカップル型 Drupal のリーチと信頼性を高めてくれることだろう。

その本の序文を書くようプレストンから頼まれたとき、僕はそのチャンスに飛びついた。というのも、彼の本はデカップル型 Drupal の進歩における重要な次のステップになるだろうと僕は信じているからだ。それに、僕はプレストン ソーとは仕事でのつきあいも長い。プレストンは現在、Acquia の研究革新部門のディレクターであり、デカップル型 Drupal に関しては専門家として世界的に敬意を受けている。プレストンは 2007 年から Drupal コミュニティーにかかわってきた。僕が彼と直接、取り組んだのは、2012 年に Spark イニシアチブでの作業だった。Drupal の編集ユーザー エクスペリエンスを改善するためだ。プレストンは、2007 年から Drupal コミュニティーに参画し続けてきた。僕が初めて彼と直接取り組んだ作業は 2012 年の Spark イニシアチブだった。Drupal での編集ユーザー エクスペリエンスを改善するものだ。プレストンはデカップル型 Drupal というトピックについて 2015 年から研究、執筆、講演を続けている。デカップル型 Drupal や、Drupal における React の採用に関する僕の考え方も彼から大きな影響を受けたし、Drupal コミュニティー全体におけるデカップル型 Drupal のアーキテクチャもそうだ。

この本の価値を披露するため、Acquia blogAcquia Developer Center で「Decoupled Drupal in Practice(実践デカップル型 Drupal)」から 3 章分の抜粋を読めるようになっている。また、Amazon では、この本をもう予約できる。このブログの読者には購入をお勧めする!

プレストン、出版、おめでとう!